求人情報の探し方

求人情報とは企業が入社希望者を募る際に、職種や仕事内容、勤務地、必要な資格、給料などの情報を募集欄に記載したものであり、就職・転職活動において、この求人情報を探すことが重要なカギとなります。では、どのような方法で求人情報を探せば良いのでしょうか? 

最も一般的な方法としてインターネットの求人サイトや、求人情報誌、ハローワークなどがあげられるでしょう。その他には、大学や専門学校に設置されたキャリアセンターや、転職エージェントと呼ばれる人材紹介会社、地方自治体などが主催する合同企業説明会など、さまざまな種類があります。さらには、ソーシャルリクルーティングと呼ばれるSNSを活用した方法もあり、自分の希望にあった求人情報を探すのは大変です。

何から手をつければ良いか分からないという人もいるでしょう。注意したいのは、これらを「どれも一緒だろう」と安易に考え、やみくもに活動することです。なぜなら、求人情報と一言で言っても、求職者のニーズによってベストな方法が違うため、重要な情報を見落としてしまうことや、なかなか成果をあげられず時間と労力を費やしてしまうこともあるからです。求人情報が載せられた媒体には、それぞれ「求人数が豊富」「地域密着型」など特徴があります。求職者はそれを理解することで、より有利に就職活動を進めることができるでしょう。

ここでは、求人情報を探す方法と内容、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。


▼ 求人募集に関する参考サイト ▼
近年ではスマホで求人情報を探す人が多いので、企業が採用を行う際も求人サイトを使うことが定番になりつつあります。その場合、マイナビバイトへの掲載料金を紹介しているこちらのサイトが参考になります ≫ マイナビバイト 掲載料金