求人情報誌で探す

古くからなじみのある求人情報として、新聞の求人広告欄や折り込みチラシ、求人情報誌などがあります。かつては駅やコンビニなどで販売されていましたが、現在ではフリーペーパー化しているものが多くなりました。

求人情報誌の強みはエリア版を発行しているケースも多く、地域に密着した分野を得意としていることです。インターネットが普及した現在、若年層は求人情報誌を目にする機会が減る傾向にありますが、全国各地の情報が載せられたインターネットとは違い、求人情報誌は自分が住んでいるところだけを探すことができます。また、1ページずつ見ていけば、これまで全く興味の無かった業種を発見できる場合もあり、地元で働きたい人の強い味方と言えるでしょう。

また、求人情報誌は面倒な手続きが不要というメリットがあります。インターネットでの応募の場合、会員登録など個人情報を入力した後に応募するというシステムですが、求人情報誌はその場で電話を掛けることで応募できますので、すぐに働きたい人に向いているでしょう。デメリットとしては、求人数が少ないということと、飲食店や掃除、クリーニング店、介護施設等など業種に偏りがあるということです。また、応募がすでに終了している場合もあるので注意が必要です。