キャリアセンター

大学や専門学校の多くは自校の学生の就職をサポートするための部署を設置しており、名称は学校によって異なりますが、キャリアセンターや就職課、就職部などと呼ばれています。

こうした部署には各企業から届けられた求人票を公開しています。その中には、特定の大学や専門学校にだけ求人票を送っている企業や、業務に関連する学部・学科がある大学を中心に求人票を送っている企業、優秀な社員の出身校を中心に求人票を送る企業など、他の求人サイトでは出会えない求人もあるのです。また、推薦制度を取り入れる企業もあります。

キャリアセンターや就職課の人たちは、大学就職状況を把握しており、卒業生がどのような企業に就職しているのかを知っているので、自分の大学の特徴を正確に捉えた上でアドバイスをもらえるでしょう。また、学生を対象にした就職セミナーを開催してる時は進んで出席しましょう。

就職活動へのさまざまな対策や、OB・OGの話を聞けるメリットがあります。ただし、キャリアセンターや就職課の目的は大学の就職実績の向上であり、大学生に適した良い企業を紹介するというよりも単純に就職しやすい企業を紹介する傾向にあります。また、求人サイトに比べると求人情報数が少ないというデメリットもあるので、視野を広く持つよう心がけましょう。